東京都渋谷区恵比寿西1-4-4 大川ビル3F03-6433-7575
Topics

2022.07.20マウスピース矯正ワイヤー矯正

いつかは始めたい矯正治療!そのベストな始め時とは?

諸外国に比べて、日本人は歯の健康や歯並びの美しさに対する関心が低いと言われてきましたが、最近では口元の健康に対する意識も少しずつ変わってきているようです。また、目立たない矯正装置の開発が進み、小学生から矯正治療を始める方、社会人になってから矯正治療を始める方など、治療を始めるタイミングも様々です。今回は矯正治療はどんなタイミングで始めるべきなのか?年齢に制限はないのか?矯正治療ができない場合はどんな時か?などについてご説明します。矯正治療をはじめようか迷っている方は是非読んでみてくださいね。

目次

1.矯正治療は何歳から始められる?

2.小児の矯正治療について

3.大人の矯正治療について

4.矯正治療に年齢制限はある?

5.まとめ

1.矯正治療は何歳から始められる?

乳歯から永久歯への生え変わりの時に「子どもの仕上げ歯磨きをしていたら、永久歯が変な方向を向いて生えてきたことに気づいた」と、お子さんの将来の歯並びに不安を覚えて歯並び相談にいらっしゃる保護者も多いものです。また、自分の悪い歯並びが子供に遺伝するのではと心配されて、まだ乳歯も全部生えていないような状態で相談にいらっしゃる方もいらっしゃいます。

具体的に矯正治療を始める年齢は人それぞれのお口の中によって異なるため決まった年齢はありませんが、歯並びが気になった時にまずは相談してみてください。受け口の治療が必要な場合は3歳ごろから、その他歯のガタつきや、隙間、スペースがない、出っ歯などは、6歳臼歯(第1大臼歯)が生えてきて乳歯と永久歯が混ざっている混合歯列(こんごうしれつ)期から小児矯正として治療を始めることができます。

この小児矯正では、噛み合わせや骨格のバランスを整える治療からスタートします(Ⅰ期治療)。成長期にはあごの骨も成長しますので、そのタイミングに合わせて治療を開始するのです。

そして永久歯が生えそろった段階では、歯並び・咬み合わせの改善を目標に治療します(Ⅱ期治療)。治療方法は一般的な大人の矯正治療とほとんど変わりません。Ⅱ期治療に移行する年齢には個人差が大きく、身長や手の骨などの変化を見て開始時期を見極めます。

幼少期から矯正を始めることで、歯が生える土台となる顎を整えることができるので、もし矯正治療が必要になったとしても、期間を短縮させることが期待できます。また、健康な歯を矯正治療のために抜歯せずに済むというメリットもあります。

なお、乳歯は永久歯に比べて歯の質が柔らかいので、むし歯になってしまうと進行が速いという特徴があります。矯正治療に関わらず、定期検診を3ヶ月から6ヶ月に1回ほどの間隔で受けて、むし歯や歯肉への炎症がないかのチェック、むし歯予防のフッ素塗布をするのと共に歯並びとあごの成長を確認してもらうことをお勧めします。

2.小児の矯正治療

小児矯正のメリット

子供のうちから矯正するメリットについてご説明します。成長期の子供は、まだ骨が大人に比べて柔らかく成熟していないため痛みも少なく歯を動かすことができるといわれています。そして歯を動かす時には、歯を支えている周りの骨が吸収されたり新たに作られたりを繰り返しています。骨が吸収されるときに破骨細胞、骨が作られるときに骨芽細胞という細胞が活発に働くのですが、この細胞の働きも年齢が若いとより活発なため歯が動きやすくなります

ただし小児の早い段階で矯正治療をはじめるという時は本人の意思というよりも保護者の意向という場合がほとんどです。矯正装置がつくことのよる痛み、歯ブラシがしにくくなりむし歯や歯周病のリスクの増加なども考えられますので、ご家族のサポートと歯科医院でのサポートが必要不可欠です。

当院の小児矯正に関する記事はコチラ>>>

受け口の場合は早めにご相談を!

矯正をはじめるタイミングとして出来る限り早いほうがいいのは「受け口(しゃくれ)」のケースです。受け口とは下顎前突(かがくぜんとつ)、反対咬合(はんたいこうごう)とも呼ばれています。正常な噛み合わせは上の前歯が下の前歯を1~2ミリ覆っていますが、下顎前突では、上のあごより下のあごが前に出ており、下の前歯が上の前歯を覆ってしまっています。

下顎前突の発生頻度は2%と、それほど高くはありませんが、そのまま放っておくと骨格的な変形が強まります。下あごは「長管(ちょうかん)骨」という骨の一種で、身長が伸びる小学生以降に成長するという特徴があるため、幼児期のうちに治すことが大切です。下あごの成長を抑制させたり、逆に上あごの成長を促したり、骨格のコントロールができる成長段階で矯正治療に取り組むことをお勧めします。なお、成人になってから下顎前突を治すとなると成長期のような骨格の調整が出来ず、外科的な手術が必要になる場合があります。

反対咬合をそのままにしておくと見た目の問題だけではなく、悪い噛み合わせによる歯の痛みや歯周病のリスクの増加、またあごに負担がかかり顎関節症に繋がる可能性も考えられます

矯正治療は審美面を改善するだけではなく、正しい噛み合わせのためにも大切です。不安に思うようなことがあれば早めに相談しましょう。

3.成人の矯正治療

・成人矯正のメリット

永久歯が全部生え揃った成人でも矯正治療を始めることができます。最近では、お口の中の健康、特に歯並びへの関心も高まり、大人になってから矯正治療をはじめる方も増えてきました。矯正をすることで、口元へのコンプレックスから開放されたり、正しい歯並びになることで歯磨きもしやすくなり、むし歯や歯周病等のリスクも減らすことができます。また、自分の意思で矯正をスタートすることで、治療にも前向きに取り組むことが出来るのは成人矯正のメリットのひとつと言えるでしょう。

矯正方法は、従来のワイヤー矯正以外に、マウスピース矯正を選択する患者さんも増えてきました。マウスピース矯正は、ご自身の管理のもと1日20~22時間装着して過ごす方法です。ワイヤー矯正か、マウスピース矯正か、患者さんの生活スタイルや歯並びによって最適な矯正方法は異なります。歯並びが気になる時はまず歯科医院に相談にいきましょう。

当院の矯正治療に関する記事はコチラ>>>

・成人矯正における注意点

小児のように骨格の大きさをコントロールするのは難しいので、歯が並ぶスペースが足らない場合には、重なり合う歯をわずかに研磨したり、歯を抜いたりしてスペースを確保する場合があります。

また、成人に限ったことではありませんが、矯正装置を装着すると歯磨きが難しくなるので、むし歯や歯周病のリスクにつながることもあります。矯正治療を始める前には、むし歯や歯周病の治療を済ませておくとともに、今まで以上に毎日のブラッシングを丁寧に行いましょう

4.矯正治療に年齢制限はある?

矯正治療には原則、年齢制限はありませんただし、健康な歯や歯周組織(歯肉や歯を支える骨など)でなければ、理想の位置に歯を動かすことができません。例えば、歯周病で歯の周りの骨が溶けてしまってぐらぐらしているような歯は残すことが難しくなるのです。歯周病、またはむし歯になっている歯があれば、矯正治療よりも優先して治療をはじめます。

そして、矯正治療が始まるといろいろな装置がお口の中につくことになるので、歯磨きがしにくくなり、そこにプラーク(歯垢)が残りやすくなります。なかでも、むし歯を大きく進行させる菌であるラクトバチルス菌は矯正装置に多く付着・増殖することもわかっています。

しっかり歯磨きができていない状態のまま矯正治療をすすめてしまうと、結果的に歯周病やむし歯を進めてしまうことになるのです。矯正期間中も丁寧なブラッシングと歯科衛生士による定期的なクリーニングは必須です。

歯並びを綺麗に治すということは審美的な面だけではなく、全身の健康に対してもメリットがありますのでご紹介します。

正しい噛み合わせになる

ばなな歯科・矯正歯科恵比寿のインビザライン

左右どちらかだけで噛むような偏った状態が続くと、頭痛、肩こり、めまいなどの症状がでることもあります。

しかし、均等に噛めるように矯正治療をすることで、食べ物をよく噛んで消化が良くなり、全身の健康につながることはもちろん、先述のような不定愁訴が改善することもあります。

また寝ている間の歯ぎしりは、特定の歯に強い力がかかり、歯周病を進行させてしまう原因となりますが、噛み合わせが整うことで歯ぎしりが改善したというケースもあります。

・歯磨きがしやすくなる

矯正治療中は装置がつくので一時的に歯磨きがしにくくなりますが、歯がきれいに並び、矯正装置がとれると歯磨きのしやすさに驚くと思います。

とくに歯並びがでこぼことなっている叢生(そうせい)は、磨き残しが多く、その残ったプラークは歯周病やむし歯、口臭の原因に繋がります。歯磨きによるプラークの除去率をあげることで、口臭やお口の中の二大疾患である歯周病とむし歯のリスクを減らすことができるのです。

5.まとめ

矯正治療は小児時期から始めると、歯も動きやすく、骨格の成長を調整しながら生えてくる永久歯を最大限に生かして綺麗な歯並びにすることができます。ただ小児の段階では自分の意思より、保護者の意向で始めることが多いのでしっかりサポートしてあげることが大切です。とくに乳歯や生えたての永久歯は、歯の質が弱いためにむし歯になりやすく、進行も早いといわれていますので、歯科医院の定期的な受診やフッ素塗布は必ず受けましょう。

大人になり永久歯がすべて生えている状態でも、矯正治療を受けることができます。理想的な噛み合わせは、審美的な問題だけでなく、体全体の状態を整えることに繋がりますので、興味があるのであればぜひ相談をしてみましょう。

矯正治療を始めるのに早すぎることも遅すぎることもありません。小児期、成人期それぞれのメリットがあり、気になった時が矯正治療をはじめるタイミングです。気軽に相談にいらしてくださいね。nl

ホーム