東京都渋谷区恵比寿西1-4-4 大川ビル3F03-6433-7575
Topics

2022.06.23マウスピース矯正部分矯正

マウスピースをつけるだけで歯並びが治る?マウスピース矯正で歯が動く仕組み

マウスピース矯正とは、専用のマウスピースを1日20~22時間以上はめて、一定期間ごとに新しいものに交換しながら歯並びを整える治療方法です。しかし、中には「マウスピースで歯並びが治るの?」と不安になる人も少なくありません。矯正治療に限らず、ご自身が受ける治療やその内容、仕組みについて理解しておくことは治療に対しての不安を軽減するためにも非常に大切なことです。ここではマウスピース矯正で歯が動く仕組みなどについて解説します。

目次

1.矯正治療で歯が動く仕組み

2.マウスピース矯正で歯が動く仕組み

3.いろいろな方向に歯を動かせる仕組み

4.マウスピース矯正の効果はいつから実感できる?

5.マウスピース矯正で失敗しないためには?

6.まとめ

1.矯正治療で歯が動く仕組み

まずは矯正治療で歯が動く仕組みについて理解しておきましょう。矯正治療には、ブラケットとワイヤーをつけて歯を動かす「ワイヤー矯正」と、マウスピースをつけて歯を動かす「マウスピース矯正」がありますが、いずれも歯を動かす仕組みは同じです。

歯根膜の働きを利用

矯正治療では「歯根膜(しこんまく)」と呼ばれる組織が歯を動かすために重要な働きをします。歯根膜は「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれている歯を支えている骨と歯の根っこの間にあり、両者を強固につなぎとめている繊維状の組織です。歯根膜には食べ物を噛んだ際、顎や歯に衝撃が直接伝わらないように守る、クッションのような役割があります。矯正装置で歯に力をかけると歯根膜と歯槽骨に変化が生じます。歯根膜は常に一定の厚さを保とうとし、歯槽骨の吸収と再生が始まります。矯正治療ではそれを利用して歯を動かします。

歯根膜の伸縮による骨の代謝

矯正装置をつけると歯に弱い力が加わります。長期間にわたって力が加えられると歯根膜に伝わり、歯が動く側の歯根膜は縮んで、反対側の歯根膜は引っ張られて伸びます。縮んだ方の歯根膜は骨を溶かす細胞の働きが活発になって歯槽骨にスペースができます。できたスペースに歯が移動すると、伸びた方の歯根膜は縮もうとして骨を造る細胞の働きが活発になってスペースを埋めていくのです。

このように歯に加えた力が歯根膜に伝わると、骨を溶かす細胞と骨を作る細胞が活発になって歯が動きます。これを繰り返すことで少しずつ歯並びを整えていきます。

2.マウスピース矯正で歯が動く仕組み

マウスピース矯正はワイヤー矯正と違って装置の見た目が大きく異なるため、本当に歯が動くのか不安になる人も少なくありません。ここではマウスピース矯正で歯が動く仕組みについて触れていきましょう。

マウスピースを装着して歯に力を加える

歯型スキャンで作製したマウスピースは、実際の歯並びよりも理想に近づけた歯並びに設計されていて、ほんの少しのズレがあります。それにより、マウスピースを装着すると歯に力を加えることが可能になり、歯根膜に伝わると骨を溶かす細胞と骨を造る細胞が活発になって歯が動きます。マウスピースを装着した際に窮屈な感覚を覚えるのは、歯が動き始めているためです。

1日20~22時間以上装着して継続的に力を加える

歯を動かすためには継続して弱い力をかける必要があるため、マウスピースを1日20~22時間以上装着します。装着時間が短くなったり忘れたりする日が続くと、計画通りに進まなくなる可能性があります。

新しいマウスピースに交換して理想の歯並びへ

一定期間装着するとマウスピースの形態と歯並びが合うようになるため、新しいマウスピースに交換してさらに歯を動かします。マウスピースを交換するごとに少しずつ歯が動き、最終的に理想の歯並びになります。

3.いろいろな方向に歯を動かせる仕組み

マウスピース矯正では「エンゲイジャー」や「アタッチメント」という、小さな樹脂製の突起物を歯の表面につけることがあります。※写真の赤丸を参照。これはハンドルのような役割を持ち、マウスピースのフィット感を高めて治療期間を短くしたり、歯を動かしたい方向にコントロールしたりするために用いられます。エンゲイジャー(アタッチメント)を装着すると歯に大きな力を加えることが可能になります。ばなな矯正歯科恵比寿では、患者様の歯並びの状態に応じて、aaligner、クリアコレクト、インビザラインとマウスピース矯正の種類を変えており、それぞれのマウスピース矯正によって、エンゲイジャー(アタッチメント)の形状や装着する場所、個数が変わります。

歯の根っこの部分を動かす

歯が傾いて生えている場合、1つの歯に2つのアタッチメントを装着して、それぞれ力をかけて根っこから傾きを治します。主にすきっ歯の改善で用いられることが多いです。

歯を回転させる

歯を回転させる場合、歯の表側と裏側にアタッチメントを装着して力を加えます。主にねじれて生えている歯を改善する際に用いられます。

歯を先端方向に引っ張り出す

奥歯で噛んだときに、上の前歯と下の前歯の間に隙間ができる開咬(かいこう)の場合、上の前歯4本にアタッチメントを装着して、前歯を先端方向に引っ張り出すことがあります。

抜歯したスペースを閉じる

マウスピース矯正では歯を並べるスペースが足りない場合、抜歯することがあります。抜歯したスペースを閉じる際、アタッチメントを用いて抜いた歯の両隣の歯が倒れないようにすることがあります。なお、当院では抜歯を伴うマウスピース矯正の場合は、インビザラインで対応しています。

ここで紹介したものは一例です。アタッチメントの装着の有無は症例や歯並びの状態によって異なります。なお、エンゲイジャー(アタッチメント)は歯の色と同じような色調のため目立ちにくいです。また装着時の身体への負担や、装着後の違和感もほとんどありません。

4.マウスピース矯正の効果はいつから実感できる?

結論から言うと、マウスピース矯正の効果が実感できるのは「いつから」と一概には言えません。ただ、ばばな矯正歯科恵比寿で提供しているマウスピース矯正の治療期間は、最短でも2ヶ月、長期間かかる場合は半年~2年程度です。

また、マウスピース1枚で動かせる歯の量は、約0.25mmと言われています。そのため、2週間に1回マウスピースを交換する場合、1ヶ月で約0.5mm歯が移動することになります。それにより、前歯のすきっ歯の改善や矯正後の後戻りといった部分矯正では早くて2ヶ月、全顎矯正でも半年過ぎたあたりから歯並びの変化は感じられるでしょう。

なお、凸凹した歯並びや出っ歯の場合は、奥歯を動かしてから前歯を動かすことが多く、歯並びの変化を感じるまでに半年以上かかることがあります。

5.マウスピース矯正で失敗しないためには?

マウスピース矯正は長い時間とお金がかかるため、失敗は避けたいものです。最後にマウスピース矯正で失敗しないためにはどうしたら良いのか、ご自身でできる対策を3つご紹介します。

矯正歯科で治療を受ける

ばなな矯正歯科は矯正歯科専門です

マウスピース矯正はワイヤー矯正よりも治療へのハードルが低く感じられますが、専門性の高い治療方法です。トラブルを避けるためにも矯正治療を専門に行なっている「矯正歯科」を受診することをおすすめします。

「一般歯科」と「矯正歯科」の違いは、前者がむし歯治療、歯周病治療、入れ歯、インプラントなど歯科診療全般を行なっているのに対して、後者は矯正治療を専門に行なっている歯科医院です。歯科医師の免許があれば誰でも矯正治療を行って良いとされていますが、大学の歯学部で学ぶ内容は十分ではありません。また、矯正医は、一般歯科医と同様に歯学部で6年間学び、さらに大学院へ進学して5年以上矯正治療の専門教育を受ける必要があります。

一般歯科でも月に数回矯正医が勤務して矯正治療を行うところもありますが、装置などにトラブルが生じた場合すぐに対応できないことが多くあります。ばなな矯正歯科恵比寿はマウスピース矯正をはじめとする矯正治療に特化した専門の歯科医院です。

マウスピースの装着時間や交換期間を守る

マウスピース矯正の装着時間は種類によって異なりますが、1日20~22時間以上装着する必要があります。装着時間が守れないと計画通りに歯を動かすことができず、結果治療期間が延びたり、マウスピースの作り直しが必要になったりと時間とお金を無駄にしてしまう可能性があります。

また、マウスピースの交換期間も守るようにしましょう。中には「1つ飛ばしたら歯が早く動くのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、マウスピースが入らなかったり、無理に強い力を加えると歯の神経にダメージを与えたり、歯の根っこが短くなったりと、思わぬトラブルが生じてしまう可能性があります。

マウスピース矯正の時間管理におススメアプリはコチラ>>>※当院専用のアプリではございません。海外製のアプリです。

お口の中を清潔に保つ

ワイヤー矯正と比較するとマウスピース矯正はご自身で取り外して歯磨きができるため、むし歯になりにくいです。ただ、矯正中は歯とマウスピースの中に汚れが溜まりやすいことから、歯磨きを怠るとむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。矯正治療中にむし歯や歯周病になると、矯正治療を中断する可能性があるため、日頃の歯磨きは丁寧に行いましょう

また、マウスピースも毎日お口の中に入れるもののため、清潔に保ちましょう。マウスピースの基本的なお手入れ方法は、水で洗浄してやわらかい歯ブラシを使って優しく汚れを落とします。ただ、マウスピース矯正の種類によっては歯ブラシが使えないものもあるため、お手入れの方法は歯科医師または歯科衛生士の指示に従いましょう。ばなな矯正歯科恵比寿では、マウスピースを清潔に保つ専用のクリーナー(洗浄剤)やスプレーも販売しています。マウスピースが清潔だと矯正中も気持ちよく過ごしていただけますよ。

マウスピースの効果的なお手入れ方法>>>

6.まとめ

マウスピース矯正は、実際の歯並びよりも理想に近づけた歯並びに設計されたマウスピースをつけることにより、歯に力を加えることができます。力を加えられた歯はその刺激が歯根膜に伝わって伸縮し、骨を溶かす細胞と骨を造る細胞が活発になって歯が動きます。なお、マウスピース矯正は全ての症例に対応できるものではないため、正確な診査・診断が必要になります。ばなな矯正歯科恵比寿では、公式ホームページ、電話、LINEからの予約でカウンセリングと精密検査が無料で受けられます。マウスピース矯正が気になる方は、お気軽にご相談ください。

ホーム