ばなな歯科 ばなな矯正歯科恵比寿

Topics

2022.09.12マウスピース矯正ワイヤー矯正後戻り矯正歯科矯正部分矯正

矯正中はむし歯になりやすいって本当!?

矯正中はむし歯になりやすいと聞いたけれど、毎日の歯みがきはなかなか大変。きょうは疲れたからちょっとくらいサボってもいいかな?なんて思う日もあるかもしれません。そんな時にこの投稿が、面倒な歯磨きを頑張るきっかけになればと思います。

矯正をしてない時は歯の表面はツルツルとしており、歯ブラシもあたりやすく、歯と歯の間をお掃除するフロスや歯間ブラシも簡単に行うことができます。ですが矯正装置がつくことにより、今まで通りの歯みがきだけではなかなか隅々まで磨くことが難しくなります。例えば、ワイヤー矯正を始めると、歯を動かすために歯の表面につけるブラケット装置、ブラケット装置を繋ぐワイヤー、その他にも場合によってはゴムで歯と歯を引っ張り合うこともあり、お口の中は複雑な状態となります。とくに歯と歯の間はセフルケアが難しく、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアは欠かせません。矯正治療中はブラッシングが難しくなってしまうことにより、矯正中のむし歯のリスクは上がります。

そしてもう一つ、むし歯菌との関係があります。むし歯を作り出す細菌にはいくつかの種類と特徴があり、代表的な細菌として、ミュータンス菌とラクトバチラス菌が挙げられます。矯正治療によってミュータンス菌が増えたり減ったりすることはないのですが、矯正治療中においては、むし歯を進行させるラクトバチラス菌という細菌に注意が必要です。

このラクトバチラス菌は歯のツルツルとした面には生息することができない性質をもっています。例えばむし歯治療をした穴に詰める銀の詰め物や、セラミック等の白い詰め物でも不適合部分(歯と詰め物がフィットしていない部分)があったり、歯石がついてざらざらした表面などツルッとしていない部分に生息し、増えていきます。そのため矯正装置がついた歯はでこぼことしているので、矯正治療の装置がつくだけでラクトバチラス菌が増殖することがわかっています。このような理由から矯正治療をしている期間はむし歯になるリスクが上がります。

2.むし歯になりやすいお口の条件

歯を綺麗に磨くのにむし歯になりやすい人と、歯磨きにあまり時間をかけないのにむし歯になりにくい人がいるのはなぜでしょう。実はむし歯を予防するためには、歯磨きを十分にするだけでは足りないのです。ここでは、むし歯が発生する条件についてご説明します。

1)むし歯菌がお口の中にたくさん存在する

代表的な、むし歯を作り出す菌"ミュータンス菌"とむし歯を進行させる菌"ラクトバチラス菌"が元々少ない人と多い人がいます。

ミュータンス菌はほとんどの場合、幼い頃の唾液感染から始まります。3歳までの間にミュータンス菌に感染しなかった人は大人になってもむし歯になるリスクが低くなります

ラクトバチラス菌は歯のツルツルな面には生息できないので、プラーク(歯垢)や歯石がついていない綺麗なお口には比較少なくなります。お砂糖を過剰に摂ると増えることも分かっているので、日頃の食習慣も大事です。歯磨きが十分にできていて砂糖の摂取量も適切であれば、ラクトバチラス菌が増殖する可能性は低くなります

2)食習慣

砂糖の摂取が多いとむし歯になりやすくなりますが、間食が多く、食べ物がお口に入っている時間が多いこともむし歯リスクを高めます。水・お茶・ブラックコーヒー以外の飲み物はむし歯の原因となるので注意が必要です。とくに矯正治療中のジュースは危険です。ジュースは糖質の塊であり、それが口の中全体に行き渡るためジュースを飲む習慣があると歯全体がむし歯になっていく可能性があります。どうしてもジュースや甘い飲み物が飲みたい時は、食後や間食の時間を決め、その時間にまとめて摂る方が良いでしょう。だらだら食べたり飲んだりをしていると、矯正治療に限らずむし歯のリスクが大きく上がります。

3)歯や唾液の質が弱い

歯が造られる時の状態や環境の違いから歯の質には個人差があります。とくに乳歯や生えたばかりの永久歯の歯の質はとても弱く、むし歯になりやすいのです。また、唾液は歯をむし歯から守る働きがあるのですが、その唾液にむし歯から歯を守る力が弱かったり、量が少なかったりするとむし歯のリスクは高まります。唾液検査ができる歯科医院も増えていますので、気になる方はぜひ調べてみてください。

4)時間

普段のお口の中は中性ですが、飲食してから3分程で歯が溶ける酸性に傾いていきます。お口の中の細菌が産生した酸が原因で口の中が酸性になり、この酸に歯がさらされる時間が長ければ長いほど、むし歯のリスクが高まってしまうのです。では、酸性の状態から抜け出すにはどうしたらよいでしょうか?実は、唾液にも酸性から中性に戻す働きがありますが、まずは「歯磨き」をすることをおすすめします。ダラダラと間食を続けずに、食べた後は歯を磨くという習慣を意識しましょう。

むし歯発生のメカニズム>>>

3.矯正中のむし歯を予防しよう!

歯並びが整っていよいよ矯正装置を外す日がやってきた時、むし歯が出来ていたらがっかりしますよね。そうならないために、矯正中のむし歯を予防するにはどのようにしたらいいかいくつかのポイントをご紹介します。

1)歯ブラシを使い分ける

普段使っている歯ブラシとは別に、先端が小さい特殊な形をした「タフトブラシという歯ブラシも使うと、装置の周りの細かいところまでケアをすることができます。このタフトブラシはドラッグストアなどでも取り扱っているところが増えていますし、歯科医院で販売しているところも多いです。矯正装置の有無にかかわらず、歯と歯の間をキレイに磨くこともできます。

身近に販売されている「歯間ブラシ」も、装置の周りを磨くときに活用することができます。歯間ブラシは通常は歯と歯の間を磨く道具ですが、矯正装置と歯の間にいれて歯を磨くこともできます。矯正器具に合わせて、歯科医院で歯科衛生士による口腔衛生指導を受けることをおすすめします。

2)食生活の見直し

どれだけ歯磨きをしても、食生活が乱れたままではむし歯リスクを減らすことはできません。食べ物がお口の中に入っている時は、唾液が酸性へと傾き、歯の表面を溶かしてしまいます。なお、酸性の状態を中性に戻すためには、個人差はありますが、30〜45分ほどかかります。つまり、間食が多ければ多いほど口の中は酸性になり、また、中性に戻る時間が少なくなるため、むし歯のリスクが高くなるのです。甘いものは食後に摂る、間食は〇時と決めてダラダラと食べ続けないように心掛けましょう。飲み物も、お茶・ブラックコーヒー・水以外はむし歯のリスクとなるので、日中に飲むものはこの3つであることを意識しましょう。

3)歯科医院で定期検診を受ける

自分でどれだけ丁寧に磨いたつもりでも、歯ブラシが当たらない部位や、鏡では確認できない部位があります。そういったところはプロの手に任せましょう。定期的に歯科衛生士によるプロフェッショナルケアを受けることをおすすめします。歯科医院ではむし歯予防のフッ素塗布もすることができます。フッ素は歯の質を強くし、むし歯になりかけているところもむし歯にならないようにとどめることができます。子どもに限らずフッ素は大人でも効果がありますので、年齢に関係なくフッ素塗布をしてもらって下さい。

4)家でフッ素洗口をする

歯科医院でフッ素塗布を受けることにプラスして家でもフッ素洗口をしましょう。歯科医院のフッ素と家庭用のフッ素は濃度が異なり、違う濃度のフッ素を併用することでむし歯の予防効果が高まります。おすすめは就寝前の歯磨きが終わったあとのフッ素洗口です。洗口後はうがいはせずに、そのまま就寝します。就寝中はフッ素をできるだけながくお口の中にとどめておくことができるタイミングです。なお、矯正治療完了後もフッ素を活用することでむし歯予防を継続することができます。

4.それでも矯正治療をした方がいいのはなぜ?

矯正治療をしていない時に比べると矯正装置がついている時は色々な理由からどうしてもむし歯や歯周病のリスクが高まります。それでも矯正治療をする人が多いのには理由があります。

1)スマイルが美しくなる

歯並びは人の笑顔の印象を大きく左右します。綺麗に並んだ歯並びと白い歯はそれだけで他人に明るい印象を残します。食事をするときや人前で笑う時に手で口元を隠すこともなくなり、コミュニケーションをとる上でのストレスが大きく軽減されます。自分の笑顔に自信が持てると、人と関わることが楽しくなります。

2)歯磨きがしやすくなる

例えば前後ガタガタに並んだ歯並びでは、歯ブラシを当てる時に色々な角度から1本ずつ磨かないと隅々まで磨けません。重なっている歯があるような時は、さらに歯ブラシを歯面に当てることが難しくなります。それが矯正治療によって綺麗なアーチ状に歯を並べることで、格段に歯磨きがしやすくなります

歯磨きがしやすくなりプラーク(歯垢)を自分で落とすことができるようになると、口臭を予防し、むし歯や歯周病のリスクも下がります。歯並びを整えるということは、歯の健康寿命を延ばすことにも繋がるのです。

以上のことから一時的にはむし歯になるリスクが増えたとしても、歯並びを整えることは長い目で見るとメリットばかりです。矯正治療中のむし歯は正しい知識と丁寧なセルフケア、プロフェッショナルケアで予防することができます。

矯正のベストな始め時はいつ?>>>

5.むし歯になりにくい「マウスピース矯正」

ワイヤー矯正とともに歯並びを矯正することができるのが、マウスピース矯正です。

マウスピース矯正についてはコチラ>>>

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正のように歯に複雑な装置をつけることはありませんので、矯正中の歯磨きは比較的容易です。なおマウスピース矯正には適応の歯並びとそうでない歯並びがありますが、適応である場合はマウスピース矯正もぜひ検討してみてください!

6.まとめ

矯正治療は歯が動く時に痛みがでる場合があります。それに加え矯正装置がつくことによってむし歯にもなりやすくなるのでは、矯正治療に前向きになれない方もいらっしゃることでしょう。

しかし、矯正治療後の整った歯並びは歯磨きがしやすくなり、矯正装置を除去した後はむし歯や歯周病のリスクが大きく下がります。さらに上下の歯の噛み合わせが整うことにより、全身のバランスも良くなり、頭痛、肩こり、腰の痛みなどの体の不調が改善されるなど、矯正を始めた先にはたくさんのメリットも。

歯並びで気になる方は是非一度、ご相談にお越しください。

ホーム